読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Raised Toward The Sky

某高専から大学に編入したDeath Metaler-けん-がぼちぼち頑張る記録です。

『それでもあきらめない -ハーバードが私に教えてくれたこと』

今回は本の紹介です。

 

 この本は著者の林 英恵氏が就活で失敗したところからはじまります。その後、ハーバード大学の大学院に3度目の出願で合格して、そこで感じたことや出会った人からの言葉などを綴ったものです。

ハーバードはこんな所だよ!

っていう文章が多いですが、辛かった時の自分の背中を押してくれた本でした。

 

あの時はやりたいことを見失って、自分を責めたり、生きてる意味が見いだせなかったり。。。

こんな感じで負の連鎖に陥ってしまっていました。

 

そんな時、背中を押してくれた言葉を紹介します。

「選ばれなかった人は他の道に選ばれている」

「やりたい事がわからなくてもいい/やりたい事は必ず変わる」

です。 

 

志した研究があって、今の大学に編入しましたがそれが無くなってしまい、この大学にいる意味を見いだせなくなっていました。

 

そんな時にこの言葉を目にして、「何かの縁だし、もうちょっとここに居てやりたいこと探してみようかな」と思えました。

 

ハーバード大学ってどんな人が集まってくるんだろう。どんなところなんだろう。

と思っている人にもおすすめですが、今本当に辛くて、何か背中を押してくれるものを探している人には是非読んで頂きたいです。

なにか支えてくれる言葉があると思います。